就職活動

就職試験の面接の最後に聞かれる「何か質問はありますか?」にどう答えればいいの?

中国の肉まん屋が苛性ソーダに古いダンボールを漬けて、ぐちゃぐちゅにした後、肉まんに詰め込んでいやがったことがやっと公表されました。苛性ソーダとは、ヤングジャンプで連載中の『嘘食い』に出てくる超人ロデムの視力をしばらくの間奪ったあれです。
僕は中国駐在中、毎朝しっかり一個5角(8円)の肉饅頭をほおばって出勤していました。

早く言え!

さて、
先日、またまたハローワークにいってきました。
今回は世間話ではなく、就職面接についてのノウハウを教えてもらいました。一社、書類選考を通過し、面接にまでこぎつけました。書類を提出してから返事が来るまで2週間、結構長いですね。

これじゃあ、確かに雇用保険は必要だ!

書類提出前、いろいろとハローワークの担当職員の方に職務履歴、志望動機の書き方を教えてもらいました。もし、アドバイスをいただいていなかったら、書類で落とされていたかもしれません。
先日、教えていただいた「面接で注意すること」とは、面接の最後で必ず聞かれる「何か質問はありますか?」です。
多分、皆さんが学生のとき「最後に質問は必ずしろ」と指導されていたと思います。
ここで聞くことは大体、

・御社のビジョンは?
・今、御社ではどの事業に力を入れていますか?

以上のような質問だと思います。
正直、僕も2年前、学生のころはこんな質問を面接の最後にしていました。

でも、これはハロワの人曰く、採用者側にとってとてもうざい質問だそうです。

理由は、
・採るかわからない人間にそんなこと話したくない。
・余計なお世話
・企業秘密だろ?

だそうです。
ハロワの職員の方が、多くの企業の採用担当者から聞いてきた情報なので結構確かっぽいです。

ではどう答えるか?

質問がなければ無理して作らなくてもいいそうです。仕事の内容を確認したい場合は「もう一度仕事内容を確認したい」と言っても差し支えないようです。

ハロワに通うとなかなか勉強になります。学生のころの就職活動と違って、中途での就職活動はかなり孤独です。周りを見ればかつての同級生は就職しているし、そんな中、ハローワークや転職サイトのアドバイザーと交流しながら就職活動すると気分的にもかなり余裕が出てきます。

新しい財務次官(でしたっけ?うろ覚え)も「公務員たたきばかりだが、公務員はいろいろ情報を持っているから有効活用してほしい」とおっしゃっていました。
職安と聞くと失業とか暗いイメージがありますが、是非活用してみましょう!

なるほどと思ったらワンクリックお願いします!

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

| コメント (0)

再就職(早期再就職相談)

ブログ村のバナーってバファリンにそっくりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

はい。ちょっと誘導してしまいました。すみません。半年ぐらいブログが停止していたもんで、ランクが下がりに下がってしまいました。1日ワンクリック押していただけると助かります。

さて、
先日、失業を認定してもらいましたが、まだ振り込まれていません。
一週間以内にと言っていたので、おそらくぎりぎり7日目に振り込まれるのでしょう。

失業給付金やら職業訓練校についてざっと書いてきましたが、就職活動はしています(笑)。
この前は、ハロワ(職業安定所)にて失業給付金受給者のみが対象の早期就職支援相談に行っ て参りました。聞くところによると、相談を受けた方は比較的早期に就職ができるようで(そりゃそう だ)、自分のやりたいこと、自分がどんな職業に向いているかを明確にできるそうです。

そんなうわさを信じて行ってきました。
持参品は履歴書と職務経歴書、それから受給資格者証。
早期就職支援相談室へ向かい、名前を告げると僕の担当が出てきました。
担当の方は定年に届きそうな紳士。

まず、希望職種を聞かれ、求人検索パソコンで一緒に検索します。
ハローワークにある求人検索では、職種、業種による検索はできるのですが、キーワード検索ができま せん。しかし、早期就職支援相談室にある求人検索パソコンではキーワード検索が可能です。中国語」で検索すると中国関係の企業が出てきます。
こんなよい機能があるのなら、ハロワにおいてある求人検索パソコンにもキーワード検索できるようにしたらいいのに・・・。

職務履歴書と履歴書を渡し、いよいよ本格的な相談です。

「君の職務履歴書だめだ。これじゃどこも受からないよ

「君、早期就職したいのに、何で職業訓練校受けてるの?矛盾してるじゃない

確かに・・・職業訓練の受講期間は7月から12月まで(試験には受かりませんでした)。その期間中、失業給付金が支給されます 。仕事がすぐに見つからない場合、勉強しながら、お金をもらいながら就職活動をしようと保険をかけ ていました。ばればれですね。

でも、この方は職務経歴書と志望動機の書き方を丁寧に教えてくださいました。
とにかく志望動機には自分の夢を書け。自分の夢をこの会社でどう実現させるか。自分のスキルをどう 会社で生かせるか。第二新卒は新卒と大差がないので熱意で押し捲れとの事でした。

志望動機や自己PRの書き方はAll Aboutがいいそうですよ。

All About

志望動機書を書いてくるよう言われたので、来週、また担当職員に会いに行ってきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ

今回の反省点

相談の時結構きつい言い方をされたのに、なぜか精神的にこたえませんでした・・・。図太いとか心が広いというより、堪えないのは就職に対する意識が希薄だからなのか・・・。早く就職したいと思っているのに。まあ、最近は「鈍感力」なる言葉もあるそうですから、鈍感にやっていきましょう!

| コメント (0)

就職活動・就活

就職活動・就活 あと、4ヶ月くらいで、派遣の任期が終わる!!

プロフィールにも書きましたが、このままでは妻子を抱えてフリーターになる可能性もあり。です。

こままではまずいってんで、ネットで職を探しております。
大学4年の頃と違ってマッタリと就職活動できませんね・・・。
中途採用の場合、決まったら即入社。じっくりと内定を留保しつつ、他社を覗いてみるというのが難しくなります。

新卒の頃は、採用する方もされる方も「何ができるか」よりも「何がしたいか」を重視していた気がします。中途採用では、「何ができるか」が重要です。
派遣社員の同僚で「中国関連の仕事はもうしない。次は他の仕事をする」と言っていますが、即戦力を求められる場合、「何ができるか」と考えてみると、自分には中途半端な中国語力しかないわけで・・・。やはり、中国関連の業務に携わることになると思います。

先日、某外国語学校で中国語非常勤講師を募集しているのをネットで発見し、募集要項を確認した後早速応募してみました。フォーマットに必要事項を記入後、送信をクリック。自分のメールボックスをみると、

「2週間以内にお返事をいたします」

との回答メールを受信。

「2週間後かあ」と思って、翌日何気なくメールを開けてみると、

「誠に残念ながら・・・・」


再就職活動、先ずは一敗血にまみれました。

ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

| コメント (0)