語学

中国のつまらない笑い話特集1

普通話を普及させよう

「第9回全国普通話普及させよう週間」が始まった。
中国の地方では、普通話があまり普及しておらず、話せない人、話したがらない人が非常に多い。
ある企業では方言を口にした場合は罰金として一元を徴収することにした。この会社の主任さんは 50過ぎの老同志。今まで普通話など話したこともない。 社長への報告は今まですべて方言で行っていたが、今日からは普通話で報告しなければならない。 なれない普通話で30分かけて報告したが、本題まで話すことが出来なかった。 最後、主任は怒り、ポケットから100元札を取り出し、社長のテーブルに叩きつけこう言い放った。

「私は100元で方言を買います!」


つまらん。
つまらないと思ったらワンクリックお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログへ


東欧バルト妻との共通語は・・・

「あなた達夫婦って何語で話しているの?」

国際恋愛・結婚をされている方がよくきかれる質問だと思います。僕らもよくきかれます。僕の母国語はもちろん日本語。嫁さんの母国語はロシア語です。で、僕らの共通語は中国語。

お互い中国留学中に知り合ったためこうなりました。彼女の英語は抜群にうまいのですが、僕の英語はぼろぼろ。おまけにロシア語なんて全くできませんでした。今は、お互いの母国語を学びあっていますが、依然として共通語は中国語です。

周りの中国人に変なカップル扱いされ、僕ら夫婦の話す中国語がぎこちないために、バスの中など狭い空間で話していると、中国人の方に、よく盗み聞きされます。

嫁さんの中国語は上手なのですが、僕はまだまだです。中の下くらいです。でも、日常生活において、特に不自由はしていません(中国で病院にいく場合とかは除く)。どちらかの母国語ではなく、第三国の言語を話すのは不便があると思われる方も多いと思います。実際、母国語と比べれば不自由な面もありますが、これはこれでメリットがあります。

互いの母国語ではないので、言語による力関係があまり生まれない。

もちろん、一方の外国語がうまかったら力関係が生じるかもしれませんが・・・。

日本語を外国語として話す外国人が、日本で育ち、日本語しか話せない日本人と結婚すると絶対力関係が生じると思います。

僕らの場合、中国語でも嫁さんに押され気味なのに、もし、僕らが嫁さんの母国語であるロシア語が共通語となった場合、両者における力関係は歴然です。

まあ、力関係は性格によりけりだと思いますがね・・・。


ブログランキング参加中です!ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ斬り!

にほんブログ村 外国語ブログへ←喰う!

| トラックバック (0)

中国アダルトビデオ事情・・・

今日は、中国語のお勉強です。

生活片 sheng1huo2pian4

「生活片」・・・・見た感じ、昼メロドラマ、アメリカのホームドラマを連想したりしませんか?
実はこれ、アダルトビデオの意味だそうです。もちろん、僕の住んでいる地方に限っての言語かもしれませんが。

ちなみに、僕が、6年前留学していたときは、「A片」「黄片」と呼ぶのが普通でした。

中国では日本のように、書店にはエロ雑誌が、レンタルビデオ屋にエロビデオがならんでいません。
ポルノ販売、売春を公に行うと、警察に摘発されてしまいます。では、どうするか? 売春はマッサージ店を隠れ蓑に、ポルノ販売はDVD屋を隠れ蓑に販売します。
妻とよく行っていたDVD市場があるのですが、先日、一人で市場をうろうろしていたところ、背後から

生活片買わないか!?」

と大声で言われびっくりしました。きっと、妻が西洋人だったため、僕ら二人の顔は、この市場ではちょっとした顔だったのでしょう。だからって、一人になったとたん「アダルトビデオいるか?!」って聞くのはやめてほしいです。声をかけられるならもっと普通なのがいいです。

闇で売らなきゃいけない商品を、そんな威勢のいい声で売ったらまずい気もするのですが、そこは中国。きっと公安の方に根回しはしっかりしてあるのでしょう。

肝心の買い物ですが、フレンズを買いました。第1シーズンから第10シーズンまで全部で42元(日本円で300円くらい)。100元札を渡したら、お釣りの替わりに「生活片」を3枚渡されました。
おつりの渡し方が、僕が小さい頃行っていた駄菓子屋にそっくりですが、あのときのおつりは五円チョコでした。

一瞬おつりを受け取ろうかと思いましたが、外国人が違反をすると、それをネタにいろんなことをして来るお国柄なのでやめときました。
それにしても、フレンズが安いのか「生活片」が高いのかわかりません。


今日のブラジリアン柔術
Itay Gil Freestyle Jiujitsu Champion


追記:42元(日本円で300円くらい)とありましたが、600円くらいの間違いでした。

ブログランキング参加中です。おもしろい!とおもったらクリックお願いします。

にほんブログ村 日記ブログへ←喰う

人気blogランキングへ←斬り!

| コメント (2) | トラックバック (0)

小学中国語

ちょっとは中国語がんばってみるか!

駐在したばかりの頃は、字幕のあるテレビを見て、わからない単語を調べたり、新聞を読んだりしていましたが、ここ数ヶ月すっかりサボってます。このままではまずいと思って、手を出したのが『小学生卒業 文法』。小学1~6年生までの文法がぎっちり詰まった問題集なのですが、回答どころか、問題の意味すら読解できない有様・・・

ちょっとショックでしたが、むしろ、危機感が持ててやる気が出てきました。こんな小学生の問題もできないようでは、HSK(漢語水平考試)云々などといってられませんな。

中国に留学中もしくは駐在中の方で、効果的な学習方法、伸び悩みの脱出方法ご存知の方いませんかね?(超他力本願)
とりあえず、しばらくはこの『小学生卒業 文法』をかじってみることにします。

以前読んだ本で、千野栄一著『外国語上達法』(岩波新書)という本があります。ロシア語専攻の著者ですが、なかなか面白いことが書いてありました。

・とにかく単語を覚えまくること
・外国語がある程度のレベルになるまで平均900時間必要

と、ここまでは普通(?)なのですが、これらの他にユニークな学習法があったので紹介します。以下抜粋。

トロイアの遺跡を発見したシュリーマンは、語学の達人として知られていた。彼の学習法は独特のものであった。彼は新しい外国語の学習を始める前に、町で暇そうにしている老人を一人見つけ、週に一度自分の家に来てくれるように頼み、高額の謝礼を払うのである。シュリーマンはどんなに忙しくとも、老人がやって来ると仕事を中断し、ただ座っているだけの老人を前に、学習を始めた言語を復唱し暗記したという。シュリーマンは、外国語の習得には、それを続けざるを得ない環境に自分を追い込むことが必要不可欠だと心得ていたのである。けだし卓見である(中略)

確かに、高額な謝礼を払った上に、見ず知らずの人がそばにいたら、何か話さざるおえない気がします・・・。僕も町で暇そうにしている人を見つけて、この学習法を試してみようかな・・・?

実験台になりたい方、
この方法で勉強しようとお考えの方はいませんか?

| コメント (3) | トラックバック (0)

語学中級程度の悩み

中国に駐在していながら、中国語が上達しない!
柔道の鄭コーチとのコミュニケーションもままならない(彼は方言しか離せないからどうでもいいけど)など、そんな悩みとも弱音ともいえる日記を以前書きました。
確かに仕事をしていても、それほど困ると言うほどではありませんが、言いたいことが70%も言えません。とはいえ、日本語だからとて100%言いたいことを相手に伝えられるわけではありませんが、それが70%に満たないとなるとちょっとストレスを感じます。仕事中は、仕事に限定された専門用語などを使っていれば良いのですが、日常会話(昨日見たドラマの内容から政治に関することなどなど)となると、自分の語彙の少なさ、表現力の無さを痛感することになります。
2年前、新卒の就職活動をしていた頃、面接で

「君の中国語のレベルは?」と聞かれ、

「はい!私の中国語は日常会話レベルです!」

などと真剣に答えていました。今考えると、大嘘を付いていたように思います。学生の頃は「日常会話なんてすぐにできるようになるし、会社に入ってから学ぶ専門用語のほうが難しいのだ」と思っていました。ところが、いざ働き始めると会社で使う専門用語のほうが簡単です。なぜなら、専門用語というのは、使用範囲が決まっているので専門用語と呼ばれているのであり、日常会話のように、ドラマの話に始まり、政治・経済まで一通り浅く広い知識と単語が必要になることはないからです。

日本人の同僚とも、よく中国語の伸び悩みについて話をしますが、決まって言うことが

「こんな方言のきつい町では標準語が上達しない」
「中級程度になると、語学の上達スピードが格段に落ちる」
などです。まあ、上達しない言い訳はいくらでもできます。だからといって環境のせいにして、へこんでばかりではいけません。やはり、勉強あるのみ。
中国語の中級の壁は厚い。でも、僕の場合は頭打ちの気が・・・。いやいや、がんばりますよ!

追伸:うつらうつらとしながらも勢いだけで書いたため文章がめちゃくちゃかもしれません。ご了承を!

| コメント (2) | トラックバック (0)

中国語

すいません!総合中国語なめてました!

冒頭からいきなり滝本選手で失礼しました。

中国で一年ぐらい仕事してれば自然に中国語がうまくなると思っていた・・・。やっぱりきちんと勉強しないと駄目みたいですね。ぜんぜんうまくならないッス!
  柔道の鄭コーチの言葉なんて完全に地方の方言なので、何をいっているかさっぱりわかりません。練習中なら、言葉が通じなくても何をするのかわかるのですが、話題が柔道や寝技から離れるとまったくわからなくなります。
 イチローや松井が英語はほとんどできないのに、アメリカで活躍できたり、きちんと練習ができたりするのは、野球の知識があるからなんですね。仕事となると、専門知識のほうが語学レベルよりはるかに大事です。語学学校出身の自分としては微妙な気分です。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)