« 2006年12月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

ハローワーク求人検索を有効利用しましょう!

失業者には歯医者の治療費が高くつきすぎます。
ちょっと歯を削って埋めて、2600円(国保)!治療時間5分。

ぼろもうけだ!

しかも、来月には親知らずを抜かねばならぬのでまた出費が・・・。

さて、

雨の日、またハローワークへ行ってまいりました。
雨の日は結構すいていますので、求人検索パソコンが待たずに使えるのでお勧めです。(笑)

ハロワの求人検索パソコンって使いづらくないですか?

そう、キーワード検索ができないんですよ。(注:僕の行っているハロワです)
早期再就職支援コーナーにある求人検索なら可能ですが、このコーナーを利用するには雇用保険給付者 でないと使用できません。

って、前回も書きま したね。

業種、職種などはコード番号を入れれば検索されますが、それでも使いづらいです。インターネッ トが普及し、キーワード検索が当たり前の昨今、キーワード検索ができないなんて不便すぎます!

特に、語学、貿易など専門的な職業は非常に検索しにくいです。

では、どうするか?

ハローワークインターネットサービスを開きましょう !画面左にある求人情報検索をクリックします。

必須事項を入力します。

1.ハロワに登録している方は求職番号を入力

2.就業形態を選択

希望職種がある場合は希望職種のところをチェックしましょう。

検索開始をクリックします。

求人情報検索(求人一覧画面) に切り替わりますが、おそらく何十万件とヒットすると思います。これではやってられないので、絞込み検索をかけます。

絞込条件入力をクリックします。

試しにラブホテルと入力したら5件に絞り込めました。やった!
これで結構探しやすくなります。

しかし、ハローワークインターネットサービスでは、企業名が公開されていません。応募を検討す るボタンをクリックして企業名を教えてもらうか、備考欄の下にある「整理番号」を控えてハローワー クの求人検索パソコンで検索確認することができます。

あらかじめ興味のある企業を控えてハロワの求人検索で調べた方が、手間もかからないし、希望す る職業も見つけやすいです。
ハロワの検索パソコンは使用時間が限られているので、検索をかけた後「次ページ」を押しまくってい るうちに終了という方もいらっしゃるかと思います。。。

例)

希望職種:一般事務
就業場所:東京
623ページ中1ページ目

こんな表示されたら見るのも嫌になりますもんね・・・。

ハローワークインターネットサービスで希望する企業をチェックし、整理番号を控えてハロワで調べた方が便利です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

| コメント (4)

雇用保険、初支給!

やっと支給されました!長かったですこの1ヶ月。
しかし、支給は3週間分です。
失業認定を受けてから1ヶ月経ちましたが、初回支給のときにもらえるのは3週間分です。待期の7日間分は含まれないのです。

こんなからくり(?)があったんですね。
でも、次回は5週分もらえるそうなので安心です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

BS blog Ranking

| コメント (0)

再就職(早期再就職相談)

ブログ村のバナーってバファリンにそっくりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

はい。ちょっと誘導してしまいました。すみません。半年ぐらいブログが停止していたもんで、ランクが下がりに下がってしまいました。1日ワンクリック押していただけると助かります。

さて、
先日、失業を認定してもらいましたが、まだ振り込まれていません。
一週間以内にと言っていたので、おそらくぎりぎり7日目に振り込まれるのでしょう。

失業給付金やら職業訓練校についてざっと書いてきましたが、就職活動はしています(笑)。
この前は、ハロワ(職業安定所)にて失業給付金受給者のみが対象の早期就職支援相談に行っ て参りました。聞くところによると、相談を受けた方は比較的早期に就職ができるようで(そりゃそう だ)、自分のやりたいこと、自分がどんな職業に向いているかを明確にできるそうです。

そんなうわさを信じて行ってきました。
持参品は履歴書と職務経歴書、それから受給資格者証。
早期就職支援相談室へ向かい、名前を告げると僕の担当が出てきました。
担当の方は定年に届きそうな紳士。

まず、希望職種を聞かれ、求人検索パソコンで一緒に検索します。
ハローワークにある求人検索では、職種、業種による検索はできるのですが、キーワード検索ができま せん。しかし、早期就職支援相談室にある求人検索パソコンではキーワード検索が可能です。中国語」で検索すると中国関係の企業が出てきます。
こんなよい機能があるのなら、ハロワにおいてある求人検索パソコンにもキーワード検索できるようにしたらいいのに・・・。

職務履歴書と履歴書を渡し、いよいよ本格的な相談です。

「君の職務履歴書だめだ。これじゃどこも受からないよ

「君、早期就職したいのに、何で職業訓練校受けてるの?矛盾してるじゃない

確かに・・・職業訓練の受講期間は7月から12月まで(試験には受かりませんでした)。その期間中、失業給付金が支給されます 。仕事がすぐに見つからない場合、勉強しながら、お金をもらいながら就職活動をしようと保険をかけ ていました。ばればれですね。

でも、この方は職務経歴書と志望動機の書き方を丁寧に教えてくださいました。
とにかく志望動機には自分の夢を書け。自分の夢をこの会社でどう実現させるか。自分のスキルをどう 会社で生かせるか。第二新卒は新卒と大差がないので熱意で押し捲れとの事でした。

志望動機や自己PRの書き方はAll Aboutがいいそうですよ。

All About

志望動機書を書いてくるよう言われたので、来週、また担当職員に会いに行ってきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ

今回の反省点

相談の時結構きつい言い方をされたのに、なぜか精神的にこたえませんでした・・・。図太いとか心が広いというより、堪えないのは就職に対する意識が希薄だからなのか・・・。早く就職したいと思っているのに。まあ、最近は「鈍感力」なる言葉もあるそうですから、鈍感にやっていきましょう!

| コメント (0)

職業訓練校でスキルアップ!

ブログランキング

職業訓練校と聞くと「どうせたいした技術なんて身につけられないんでしょ?」と思う方が多いかもしれません。でも、最近はIT関連や、CAD設計、国際ビジネスなども扱われているので大変役立ちそうです。

というわけで、先日職業訓練校を受験してきました。
その科は、何でも英語を身につけて貿易実務、英文ビジネスレター、簿記会計など貿易のプロフェッショナルを目指す科です。
その科で勉強するためには一定の英語力が必要で、当然テストがあります。申し込みのときにハロワの職員に試験科目を聞いたところ、

「英語の試験と一般常識になります。一般常識は中学程度の問題ですので安心してください(笑)」

中学生程度の一般常識・・・?なんか微妙です。高校生の一般常識は書店で売っていますが、中学生の一般常識なんて今はあるんでしょうかね。
方程式とか塩の濃度をぱらぱら復習しました。
で、7日後にテスト(早い)。

当日、試験会場には40名ほどの人間が!(定員10名)
どの方も英語が得意そうな面構えをしています。

受験生が全員そろい、試験官が試験の説明を始めました。
「えー、今回の選考方法は英語試験のみになります」

あれ、ハロワ職員の言っていたこととほんのちょっとだけ違うぞ?

僕の英語はイタイので一般常識でカバーと思っていたのですがだめでしたね。
まあ、とにかくやってみましたが、初めて受けた「プチTOEIC(普通のTOEICの半分の問題数)」に翻弄され散々でした。
面接もその日にあり、

「中国語ができれば即就職できるでしょ?」
「訓練期間中にいい仕事が見つかればそっちに行くんでしょう?」
「家からちょっと遠いね~大丈夫?」

などと面接官にちくちく言われましたが、英語の結果が散々なはずなので痛くも痒くもありませんでした。

結果は不合格。

失業給付金受給者にとって職業訓練校に通うことはいろいろな特典があります。

1.普通、失業給付期間は90~150日ほどですが、受講期間中(3ヶ月~2年間)は失業給付金がもらえます。

2.受講手当て、訓練校までの交通費も支給される場合があります。

3.もちろん、資格も身につけられます。

4.そしてなんといっても授業料が無料!(教科書代は自己負担です)

5.給付制限期間中に受講すれば、給付制限が解除されすぐに失業給付金を受けられます。

というわけで、就職はしたいけどまだ具体的に何をしたいかわからないと思ったら受講してみるのもいいかもしれませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| コメント (0)

失業認定日(時間外認定)

待ちに待った初回認定日!これでやっと失業保険給付を受けられます!
失業資格決定日から一ヶ月と1週間。長かった・・・。

失業認定日とは?
自分が失業の状態にあることを認定してもらいます。

1.決まった職業に就いていない。

2.認定日までに就職活動を積極的に行っていたか。

2.については認定日までに求職活動実績の必要回数を満たさなければなりません。これは給付制 限期間の有無などによって異なりますが、基本的に1~3回行えば大丈夫です。

さて、僕の失業認定日にもどります。
ハロワ職員の方が、雇用保険説明会でも口を酸っぱくして言っていましたが、認定日には必ず来なけれ ばなりません!
「うっかりして行くの忘れた」ではすみません。それでは支給されません。

もちろん、僕は認定日に行ってきました。
『受給資格者のしおり』もしっかり読んだし、『失業認定申告書』もしっかり記入しました。
『失業認定申告書』に求職活動内容もばっちり書いた。10件以上の求職活動実績があるので没問題です。
『仕事を紹介されたらすぐに応じられる』にも○をつけた。
署名もして、印鑑も押した。
さらに下に目を通すと・・・

備考欄に『認定時間』なるものが・・・。
そこには9時45分~10時15分と記入されているではありませんか!

あわてて時計を見てみると・・・

11時30分!

まずい! 遅刻した!

このままではもらい損ねる可能性が!

あわてて管轄のハローワークに駆け込みましたがその時はもう12時30分。窓口の職員に詫びながら申請をお願いしたら、あっけなく認定してくれました。ただ、『受給資格者証』に『時間外認定』の判を押されましたけど・・・。

この『時間外認定』のはんこが気になったので職員に「今後何かペナルティはあるのか」と質問してみました。

時間外認定でも手当ては減額されたりしません。
仮に次回、時間外認定でも特にペナルティはないそうです。

詳しく調べていないのでわかりませんが、時間外でも時間内でも大差はなさそうです。(笑)お役所の都合だけかもしれませんが、時間内に行くようにしましょうね!

ブログランキング・にほんブログ村へ

| コメント (0) | トラックバック (1)

失業保険!!

「失業すればすぐに失業給付金がもらえる!」
と思っていたのですが、自己都合の場合はそうは行かないようです。
前回、失業給付金の申請に行った際気になったのですが、

僕の退職理由はどのような扱いになるのか・・・

僕は2年間の契約社員でしたので、期間満了のため会社都合になるのか、それとも会社の提示された2年間契約を同意の上で働いたので自己都合になるのか、わかりませんでした。
知人の話によると就業期間が3年未満の場合は『自己都合』扱い、それ以上の場合は『会社都合』となるそうです。
知人の言うとおりならば、僕は契約期間が2年間だったので自己都合ということになるはずです。

退職理由は会社都合のほうがお得です。
会社都合の場合は受給資格日から待期の7日間(待機ではなく待期)満了の翌日から支給対象となります。
待期満了後3週間くらいに初回認定日があり、受給資格決定日から失業給付を受給するまで約1ヶ月ほどかかります

自己都合の場合は待期期間が終了してから、3ヶ月の給付制限期間を経てからの受給となります。

これはつらい・・・。
3ヶ月収入なしは嫌だ!だからバイトをしまくって糊口をぬぐうぞ!と思ってバイトをしまくると就職の意思なしと判断され、3ヶ月後の受給はなくなります。おまけにアルバイトでも、常勤と同様に働くと就職したとみなされるそうです。。。
しかし、給付制限期間中でも受給を受ける方法があるそうです。病気等の理由ですが。

さて、僕の扱いはどうなるのか。。。
受給資格決定日から10日後に、ハロワにて受給に関する説明会がありました。
約2時間!とても長くて、多くの人が寝ていました。(笑)
でも、寝てはいけません!ここでの説明は結構大事です。
一度聞いただけではわからない事だらけで眠くなるかもしれませんが、わからないことは後で聞いたり調べたりすればいいのです。疑問を持てば調べることもはっきりするし、失業保険のシステムは意外と複雑なので、しっかり知っておくことが大切です。

肝心の僕の退職理由は『会社都合』でした!
めでたし、めでたし。
あれ?と思いましたが、ハロワ職員には問いませんでした。手違いかもしれないし・・・。初回認定日の時に聞いてみることにします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| コメント (0)

ハローワーク!

ハロワに失業給付金の申請手続きに行ってきましたが、あそこに入ると気が弱くなりますね。

気の利かない職業紹介窓口の職員。
職業紹介窓口では、ハロワ職員が求職者の代わりに求職者の希望する企業へ電話をかけ、求職者の実務 経験、年齢などを伝えます。
電話の際、求職者は職員の向かいに座るので、電話の内容は大体察しがつきます。
職員がある企業の採用担当者に電話したところ・・・

「ハローワーク○○の△△ですが・・・(中略)ええ、47歳男性です。ええ、まったくの未経験です 。・・・ですか、無理ですよね。わかりました。そのようにお伝えしておきます。失礼いたします。」

求職者ががっくりしているところに、

「今回は無理ですね」

改めて言われなくってもわかってます。。。聞こえてるし・・・。こんなSな職員に当たったらがっくりするどころか、腹が立ちます。

失業給付申請窓口にて、40歳女性が一般事務を希望したところ、職員が、

はあ?その年で一般事務?前職と同じ給与はもらえませんよ!?」

まるで失業者を鼻でせせら笑うようにあしらってました。
弱気な失業者の目には、職安職員は羅卒のようにうつります。

と悪いケースだけ上げて見ましたが、ハロワ職員の方の大半はとても良いです。親身になって相談に応じてくれる職員もいますし、求職窓口でもいろいろとアドバイスをくれる方もい ますので、旧来のお役所的なところはだいぶ改善されてきたなと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| コメント (0)

失業給付申請に行ってきた

失業後まもなく、妻と子供を迎えるために日本から妻の母国であるラトビアに飛びました。一ヶ月間ゆっくり過ごせるかと思いましたが、子育てと妻の友人たちがひっきりなしに遊びに来たため、その対応に追われていました。
1ヶ月丸々海外に出られるというのも、失業の賜物です!

帰国後、離職票が会社から届いていたので必要書類を持って管轄のハローワーク(職業安定所)へ行ってきました。

総合案内で失業給付の窓口の場所を聞いたところ、

「失礼ですが、今すぐ、今日明日からでも就職したいと思っていますか?すぐに働きたいと思っていますか?

もちろん、すぐに働きたいと思いますが、こちらは妻子ある身なので不安定な企業には就職したくありません。慎重に求人票を見て企業訪問をしていくつもりです。

「妻子もおりますし、就職に当たってはゆっくりと慎重に優良企業を探し・・・」

「今すぐ就職をする意思がない方には、失業給付金を受給できませので、就職する気になってからもう一度申請にいらしてください!」

ぐっ!

なんか軽く「おととい来やがれ!」と言われたのでひるんでしまいました。慎重に優良企業を探すって言ってるのに話しをさえぎりおって!ていうか、就職する気があるから職安に来てるんじゃないか!

「え?はい、もちろんすぐに就職する気ですますよ。ひひひ(媚びた笑い)」

それにしても、平日の午後と言うのに、結構人がいっぱいいますね。ちょっと安心です(笑)

受付からの就職意思確認をかわし、求職申込書を記入し相談窓口に提出しました。ここでは再就職の希望職種、希望月収などを聞かれます。この求職申込書に書いてあるデータはハローワークに保存され、就職紹介をしてもらうときに必要になるので、希望職種はきちんとまじめに書いておいた方がいいです

それから雇用保険手続き窓口に行って、「受給資格者のしおり」をもらいました。ここで受給資格についての説明を受けましたがぜんぜん頭に入りませんでした・・・。覚えているのは、次の週に開かれる受給者説明会に参加し、初回認定日に出所せよ言われたことだけです。

そんなこんなで初日の給付申請は終わりました。
たかが申請なのにえらく緊張しました。

そうそう、
最初の申請手続きで必要になる書類は、
・雇用保険被保険者離職票-1、離職票-2
・雇用保険被保険者証
・印鑑
・住民票、運転免許証等、住所/年齢を確認できる官公署発行書類(パスポートや国民保険証とかです)
・写真1枚(3 × 2.5㎝程度)
・本人名義の普通貯金通帳

です。

| コメント (0)

復活!そして失業!

お久しぶりです!

タイトル通り復活、そして失業しました。

もー、失業中でテンション上がりまくりです!

中国にいたころは管理画面に接続できませんでしたが、日本に戻ってからはこのとおりばっちり!きちんと接続できます!

久々にブログを開いてみたら最終更新日が2006年12月19日!いやーほとんど半年振りですね。

で、コメント欄を見てみたら1000通以上のコメントが!もちろんお分かりだと思いますが、全部スパムでした・・・。しかし、2月頃にこのスパムの嵐は止んでいるようなので安心しました。

家族ですが妻子ともに日本におります。ブログ『バルチック侍』のメインは国際結婚や僕の趣味の柔術などですが、これからの話題は「失業」がメインになること間違いなしと思われます(笑)。

そう・・・、ブログ名をいっそのこと『失業日記』に変えてやるくらいの勢いで!(゚Д゚)

今後ともよろしくお願いしまっす!

| コメント (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年7月 »