« 結婚式、間近に迫る | トップページ | バルトより帰還 »

繁華街で発破工事!

田舎町の中心部にあるマンションに住んでいるのですが、発破工事がうるさくて眠れません。

田舎町とはいえ、繁華街はあります。人通りもかなり多く、大きなデパートが立ち並んでおり、大型デパートがひしめき合っています。その目抜き通りで、地下街建設のため、現在、工事が行われています。どんな工事かというと、発破工事。ある程度までは、ショベルカーなどで掘り起こせるのですが、その下は岩盤が固く発破でふっ飛ばさなければならず、発破の時は、通行人を道路端に避難させてから、点火します。

発破工事が行われているからといって、その区域だけ立ち入り禁止にしたり、道路整備を行っているわけではありません。掘り起こした道路の上に、厚さ3cmほどの鉄板がたくさん敷いてあり、昼夜問わずの作業をしています。昼間でも爆音が響き、地下10メートルから響き渡る爆音と爆風は、数トンある鉄板を数十cm持ち上げます
そして、その上を人、車だけでなく、大型車両のトラック、バスも通るので、この鉄板がいつ崩れるか心配していたところなのですが、つい先日、崩れました。大型トラックが鉄板の上に差し掛かったところ、鉄板が陥没(というより鉄板を適当に重ねているだけなので、その隙間に落ちた)し、そこに落下。トラックのフロントがモグラのように顔を突き出していました。この事故で、トラックの運転手が重態、 発破工事現場で働いていた出稼ぎ労働者が4名死亡しました。

何の保障もなく、命をかけて得る月収はたったの1000元(日本円にして、10000円をやや上回る程度)。それでも、彼ら出稼ぎ労働者にとってはわりの良い仕事だそうです。待遇もひどく、宿舎は発破工事現場に即席のバラック。すぐそこでボカンボカンやっているところで睡眠なんてとれたもんじゃありません。
あの狭い地下では、おそらく、犠牲者が出ているかもしれません。そう思うと単なる出稼ぎ労働者ではなく、地下街建設、いや中国の発展のための人柱のような気さえします。

出稼ぎ労働者の方々の苦労を思うと、「発破作業のせいであまりよく眠れねえ」なんていってられませんね・・・。

人気blogランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ


« 結婚式、間近に迫る | トップページ | バルトより帰還 »

コメント

安全対策なんか大して考えていなさそうですね。お近くを通る時は、くれぐれもお気をつけ下さい。それにしても、人命が紙幣よりも軽そうな気がするのは、私の気のせいでしょうか。

投稿: moonemblem | 2006年7月11日 (火) 01時02分

moonemblemさん
お久しぶりです。ただいま戻りました。
いのち・・・中国に行くと人の命の軽さがよくわかります。命は重いはずですが、中国では人一人死んでもあんまりショック受けないですしね。

「炭鉱が崩壊して30人死亡?ふ~ん」

こんな感じです。

投稿: JHAN | 2006年7月20日 (木) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56775/2564476

この記事へのトラックバック一覧です: 繁華街で発破工事!:

« 結婚式、間近に迫る | トップページ | バルトより帰還 »