« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

中国アダルトビデオ事情・・・

今日は、中国語のお勉強です。

生活片 sheng1huo2pian4

「生活片」・・・・見た感じ、昼メロドラマ、アメリカのホームドラマを連想したりしませんか?
実はこれ、アダルトビデオの意味だそうです。もちろん、僕の住んでいる地方に限っての言語かもしれませんが。

ちなみに、僕が、6年前留学していたときは、「A片」「黄片」と呼ぶのが普通でした。

中国では日本のように、書店にはエロ雑誌が、レンタルビデオ屋にエロビデオがならんでいません。
ポルノ販売、売春を公に行うと、警察に摘発されてしまいます。では、どうするか? 売春はマッサージ店を隠れ蓑に、ポルノ販売はDVD屋を隠れ蓑に販売します。
妻とよく行っていたDVD市場があるのですが、先日、一人で市場をうろうろしていたところ、背後から

生活片買わないか!?」

と大声で言われびっくりしました。きっと、妻が西洋人だったため、僕ら二人の顔は、この市場ではちょっとした顔だったのでしょう。だからって、一人になったとたん「アダルトビデオいるか?!」って聞くのはやめてほしいです。声をかけられるならもっと普通なのがいいです。

闇で売らなきゃいけない商品を、そんな威勢のいい声で売ったらまずい気もするのですが、そこは中国。きっと公安の方に根回しはしっかりしてあるのでしょう。

肝心の買い物ですが、フレンズを買いました。第1シーズンから第10シーズンまで全部で42元(日本円で300円くらい)。100元札を渡したら、お釣りの替わりに「生活片」を3枚渡されました。
おつりの渡し方が、僕が小さい頃行っていた駄菓子屋にそっくりですが、あのときのおつりは五円チョコでした。

一瞬おつりを受け取ろうかと思いましたが、外国人が違反をすると、それをネタにいろんなことをして来るお国柄なのでやめときました。
それにしても、フレンズが安いのか「生活片」が高いのかわかりません。


今日のブラジリアン柔術
Itay Gil Freestyle Jiujitsu Champion


追記:42元(日本円で300円くらい)とありましたが、600円くらいの間違いでした。

ブログランキング参加中です。おもしろい!とおもったらクリックお願いします。

にほんブログ村 日記ブログへ←喰う

人気blogランキングへ←斬り!

| コメント (2) | トラックバック (0)

桜井マッハ速人が傷害事件に

修斗アブダビで活躍、そしてプライド・・・。プライドライト級トーナメントでは、五味選手に敗れたものの堂々の2位入賞。輝かしい戦績を持つ桜井マッハ速人選手。まさに、日本ライト級を代表する選手です。
そんな格闘家桜井マッハ速人が、4月9日に土木作業員に、顔をぶん殴られていたことがわかりました。

その記事

マッハが路上を歩いているところを、土木作業員酒寄健一容疑者(33)に因縁をつけられ、顔面を殴られ、全治一ヶ月の傷を負ったとのこと。

酒寄容疑者曰く「相手が格闘家だとは知らなかった」

もし、因縁をつけた相手が●ンセ●井上とかだったら、逆に過剰防衛で酒寄容疑者が訴えていたことでしょう。

肝心の傷のほうですが、完治したようです。


にほんブログ村 格闘技ブログへ斬り!

人気blogランキングへ斬り!

| コメント (0) | トラックバック (0)

柔道の帯・柔術の帯

先日、柔道の青帯を取得したことを書きました。
柔道の初段は高校の頃取得済みですが、「自分の力量で黒帯を巻いていいのかな?」と常々思っていたのでちょうどいい機会に青帯を巻いてみることにします。

※柔術家として中国の柔道倶楽部で練習しているので、今まで白帯を巻いていました。

普段は酒臭い鄭コーチ(25歳)ですが、一応、常日頃の練習を見てもらい実力を評価されたのでうれしいです。

柔道で初段を取った頃は、昇段審査でひと通り型をやって(ほとんどできていない)、試合は、一勝すればパス。見事、見知らぬ名誉8段のおじいさんから、初段の賞状をもらいました。
黒帯を取得したばかりの頃はうれしかったのですが、試合でも大して勝ち星を残せなかったんですよ。柔道部の顧問の先生曰く「黒帯を巻いていれば自然と、黒帯なりの実力がつく」とおっしゃっていましたが僕の場合、そううまくはいきませんでした。
負け惜しみではないのですが、ほとんど足腰の立たない名誉8段から黒帯をもらったことよりも、現役を引退したばかりの飲んだくれコーチから青帯をもらったときのほうがうれしかったです
自分の実力を推し量ってみると、黒帯を巻くよりも、青帯を巻いたほうがしっくりきます(笑)。

昇段審査を受ける地方にもよりますが、柔道の初段はもう少し難しいものにしてほしいと思います。そのほうが取り甲斐ありますしね。で、柔術の昇段はもう少し甘く・・・
柔道の総本山「君も半年で黒帯を取ろう!」という内容の垂れ幕を見たことがありますが、いくら柔道人口が減っているとはいえ、黒帯で若者を釣るのはいかがなものなのでしょうか・・・?
本気で柔道を普及したいのなら、PRIDE選手吉田秀彦のように小さな子供達に柔道の楽しさを教えていくほうが、将来の日本柔道界のためだと思うのですが・・・。
吉田選手、PRIDEに転向してからのほうが、日本の柔道界に貢献している感じがします。


今日のブラジリアン柔術
Hayashi Jiujitsu Tournament Victor 4


ランキング参加中。面白いと思ったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログへ←斬り

斬り!

人気blogランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国関連ブログリンク&ブラジリアン柔術道場紹介

突然ですが、今日は、リンク先をご紹介させていただきたいと思います。
ブログ名だけでは中身がわからないと思うので、この場を借りてしらっと紹介したいと思います。※じゃあ、リンク先に一言付け加えればいいじゃない。とか言わないように。

まずは、ブラジリアン柔術同盟から

「柔術研究会」(HP)管理人:臼田さん

千葉県千葉市にあります。僕もここで一年弱、週一でブラジリアン柔術を練習させていただきました。初めてこの道場を訪れる時、超体育会系格闘技独特の痛い雰囲気だったらどうしようとびくびくしながら、入っていきましたが、全然そんな雰囲気じゃありませんでした。臼田代表をはじめ、とても紳士的な方ばかりで、親切に指導してくれます。「来るもの拒まず、去るもの追う」(もちろん良い意味です)のとてもアットホームな雰囲気です。
「寝技研究会」ではなくて「柔術研究会」です。名前はちょっと似ていますが、「柔術研究会」と違い、「寝技研究会」に行くにはちょっとした覚悟が必要です。

youtube

これは今までたくさん紹介してきたので割愛。

次は、友達リンク

ニナは中国で考えた(ブログ)管理人:ニナさん

ネットサーフィンをしていたら、偶然見つけた中国関係の面白いブログ。僕が相互リンクをお願いしたのは、ニナさんがブログを開設されて、3日くらいしか経っていませんでしたが、彼女の日記は僕のつぼをがっちり押さえてくれました
ニナさんは現在中国に留学中で、御自分の体験を元に、独特のタッチで留学生活を書いておられます。僕も以前中国に留学していたこともあって、ブログの内容に、非常に共感を持っています。ニナさん曰く「毒舌気味のブログ」ですが、全然かまわないので、中国を斬りまくってください

ワイルド北京(ブログ)管理人:ニョロ吉さん

中国関連のブログです。現在日本で在職中ですが、中国留学目指して奮闘中!
現在、仕事をやめて留学をしようか迷っている人、もしくは、学生で留学か就職か悩んでいる人、ニョロ吉さんのブログを見てください。きっと留学に行きたくなりますから。退職して就職までの過程がリアルに書かれていて、まだ留学してないのに、ぐうたら日記系の留学ブログより面白いです

OTON的賽馬(ブログ)管理人:OTONさん

競馬ブログです。OTONさんは僕の留学時代、非常にお世話なった人の一人です。そして、日本人留学生のまとめ役(磁石のような人)でした。6年経った今も、元留学生達で集まることがしばしばありますが、中心はOTONさんです。留学時代のカリスマは全く衰えていません
肝心のブログの内容ですが、僕は競馬に興味がないのであまり覗いていません。でも、OTONさんのことですので、そっちの世界でも有名なブログだと思います。

以上、好き勝手にリンク先の紹介をさせていただきました。『バルチック侍』自体弱小ブログなので、リンク先紹介を行ったところで、アクセス数は大して上がらないと思いますので、その辺は期待しないでください;;;。もし、「こんな紹介はやめてください」という方がいましたら、おっしゃってください。きちんと削除しますので。

それでは、互いにブログのレベルアップを目指してがんばりましょう!

今日のブラジリアン柔術
Hayashi Jiujitsu Tournament Carlos 3


ブログランキング参加中です。面白かったらワンクリックお願いします。

にほんブログ村 日記ブログへ ←斬り!

←斬り!

人気blogランキングへ ←斬り!

| コメント (0) | トラックバック (0)

いじめをするコーチもどき

管理人、ちょっと感情が昂ぶっています。記事の内容、僕のとった行動に嫌悪感を示す方がいるかもしれません。暴力的な描写が苦手な方、寛大な御処遇でお願いいたします

中国の道場に通って一年近く、今まで退屈ながらも平穏にやってきました。ですが、今日はちょっと腹の立つことがあったので、書かせていただきます。

柔道の練習なんですが、最近道場に来始めた中国レスリング出身の練習生が、ひどく生意気です。大して強くないのに、自分の体格が他の人より良いせいか(175cm85kg)他の練習生にあれこれと間違った指導をしています。それぐらいならまだかわいいのですが、自分より弱いやつを見つけては、乱取りを強要し、巻き込み投げなどで痛めつけます。寝技もろくにできないのに、素人同然の練習生にヘッドロックをかましたり相手の頭の下に両足を差し入れて、腕十字を極めたり(極まってないけど)、とにかく弱いものいじめが大好きな彼。

自分はほとんど練習らしい練習はせず、弱いものを見つけては痛めつけ、道場の隅でえらそうに構えています。体はあまり動かさず、口ばっかりです。

そんな奴が、ついに僕に絡んできました。

「お前、寝技は少しできるけど、立ち技はぜんぜんだめな!

ええ、もちろん僕の寝技も立ち技も駄目です。柔道の初段は持っていますが、初段の実力があると思ったことは、一度もありません。投げ技は本当にへたれだと自負しております。

でも、僕の見る限り、この人は、立ち技、寝技ともに、僕よりも弱いです。あなたに言われたくありません。

彼は、方言で僕の欠点らしきところを指摘してくれましたが、全然聞き取れません。標準語で話すようお願いしたら、かわいそうな標準中国語で、一本背負いのときは猫背のまま入れとか、大外刈りは反則だとか、わけのわからないことを一生懸命教えてくれました。

「わかりました。じゃあ、立ち技乱取りで、いろいろ教えてくださいよ

「お前の寝技は少しはできる」

「立ち技乱取りお願いします」

「お前の寝技は・・・」

「だから、寝技はいいから、立ち技乱取りおねがいしますよ。僕立ち技できないから、教えてくださいよ

しぶしぶ立ち上がる彼、礼をし、乱取り開始。

開始2秒後、がっちり奥襟取れました。

コイツいける

もう僕のサドっ気全開です。体重は僕よりも重いし力もあるけど、いけます。こんな重い相手をきれいに投げるのは難しいです。でも、僕もさらさら一本きれいに投げるつもりはありません

技ありでも有効でもいい・・・直接ダメージで勝負です

先ほど反則といわれた大外刈りを連発、もちろんすべて巻き込みです。谷落とし、足払い、そのほか、一度畳に頭突きさせてからの帯取り返しとか。

正直、僕のとった行動は良くないです。まず、相手に注意をすることから始めるべきですが、僕の中国語と彼の標準中国語がともに痛かったので、意思の疎通が難しいと判断し、このような行動に出てしまいました。

この記事を読んで気分を害された方、本当に申し訳ありません。

にほんブログ村 日記ブログへ

| コメント (2) | トラックバック (0)

出会った頃~国際恋愛~

昨日書いたとおり、ちょっと国際恋愛ネタが続きます。でも気まぐれなので、次回から、柔術とか格闘技とか、いきなりネタが汗臭くなるかもしれませんが。

嫁さんとの出会いは、20歳の頃、中国の済南というところに留学していたときのことです。日本で中国語を2年学んだ後、留学したので、日常会話程度なら話すことはできました。現在もその頃のレベルとかわっ

その頃、彼女の中国語はすごく流暢でした。

最初の印象はちょっとプライドが高そうな、近寄りがたい印象がありましたが、話していくうちに、意気投合。1月後には付き合っていました。僕は、留学生活が始まったばかりでしたが、彼女は残り3ヶ月。

3ヶ月後、彼女は帰国。つらい別れとなりましたが、どれくらいつらかったかは、ここでは割愛。

日本人学生やそのほかの国の留学生から、「どうせ続かないよ」「難しいよ」「どうやって付き合っていくの?無理だよ」などなど、否定的な言葉を浴びました。いちいち癇にさわる意見ばかりでしたが、気にしないよう努めました。

でも、もちろん否定的な人たちばかりではなく、励ましてくれた人たちもいました。特に、当時ルームメイトだったM山氏。いろいろと相談に乗ってもらったり、一番応援してくれたのもM山氏でした。

当時、どうやって彼女と連絡を取っていたかというと、もちろんインターネットは十分普及していましたが、留学先にパソコンを持ってくるという人はそんなに多くはありませんでした。だから手紙。ほぼ毎日のように書いていました。疲れましたが、何よりも中国語の勉強になったので良かったです。

恋愛ネタは書きづらいです。もっと面白おかしく書きたいのですが、どうも苦手です。まあ、そのうち書きなれていくと思うので、末永くお守りください。。。


よろしければ、ワンクリックお願いします。

にほんブログ村 日記ブログへ←斬!

←斬!

人気blogランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻帰国~国際恋愛~

妻が出産のため、国に帰りました。また、単身です。

いくら中国語ができるとはいえ、先日のようなこともありますし、帰国させました。出産という大事業は、やはり、自分の国、ふるさと、そして家族(両親)にサポートしてもらうのが一番です。世間でも、妊娠期間中は、旦那はお呼びでないと言いますしね

妻が帰ってから、もともとがらがらだった部屋が、さらにがらがらに感じます。正直、一人暮らしはさびしいものです。駐在し始めの3ヶ月は単身で、慣れるまで2ヶ月ほどかかりました。


『JHAN愛の柔術』から『バルチック侍』にブログ名を変更した理由は前に書いたとおり、「嫁さんがバルト三国の出身で、国際恋愛&国際結婚にまつわることも書いていきたい」と思ったからです。と、宣言したものの、恋愛・結婚ネタはほとんどといっていいほど書いてきませんでした。帰国中の妻のことを思いつつ、こっちのネタも少しずつ増やしていこうと思います。決して、克・亜樹の『ふたりエッチ』のようにひたすら甘だるい恋愛・新婚生活ものにはなりませんので、期待心配しないでください。

国際恋愛・結婚中の方、国際遠距離恋愛中の方のお役に立てればうれしく思います。

今日のブラジリアン柔術 Hayashi Jiujitsu Tournament Danny 3


ランキング参加中。面白いと思ったらワンクリックお願いします にほんブログ村 日記ブログへ←斬り!

| コメント (0) | トラックバック (0)

昇級について

青帯取得しました!

っていっても柔道の青帯ですけど。

「今日からお前は青帯だ!」

と、アルコールの入っていない鄭コーチに言われました。


柔術の青帯だったらどんなにうれしかったことか・・・。そっちはまだまだ先が遠い気がします・・・。

ともかく、実力が認められてうれしいです。いや~、よかった、よかった!

・・・・・・

でもね・・・

僕、高校生の頃、柔道の初段取得済みなんですよ。

おまけコーナー

今日の柔術

Hayashi Jiujitsu Tournament Danny 2  十字固め炸裂!


にほんブログ村 格闘技ブログへ←喰う!

人気blogランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスアップ・ブログランキングについて

ブログをはじめて早3ヶ月。

最初は、「友人や柔術をやっている方に読んでいただければいいや」と思っていましたが、書いているうちに、中国ネタ、国際恋愛ネタ、外国語ネタと幅が広がっていき、より多くの人に読んでほしいと思うようになりました。

アクセスアップを狙うため、ブログランキングにも参加しています。

日々、ブログを更新するたびにランクが上がります。ブログ村の総合ランキングでは、3万サイト以上ある中で6300位くらいです(5月19日現在)。一日更新するとランクが500~1000ほど上がります上がっているのですが、アクセスはぜんぜん伸びていません。
アクセス数が伸びていないのに、ブログランキングの順位は上がっている・・・。

わけがわかりません。

「ブログランキングに参加してもアクセスアップにはつながらない」とよく言われますが、僕のブログがまさにそれです。

いくらブログがPing送信で更新通知を手早く行えたり、検索エンジンと相性がいいといっても、5人に1人がブログを持つ時代ですから、競争が厳しくなるのは当たり前なんですかね。

そうなると、検索エンジンでヒットするかどうかが鍵なのでしょう。

現在、中国に駐在中の身なので、SEO対策の本等を買って勉強することもできず、ネットでアクセスアップの情報を拾い読みしている程度です。

ネットサーフィンしていたら、役に立つサイトがいくつかあったので列挙してみます。

アフィリエイトは儲かんないってば

WEBサイト研究ブログ

ブログアフィリエイト徹底ガイドマイバブルタイプ

全部アフィリエイトがらみですが、その辺は無視する方向で。皆さんも、ブログって聞いたら、アフィリエイトって思っちゃいますよね?それが性です。

正直僕もやってみたい気持ちはあるのですが、知識もないし、コツも知らないのでぜんぜん手をつけていません。


ちなみに中国でのブログは、こんな感じです。


おまけ
今日の柔術

Hayashi Jiujitsu Tournament Carlos 1
飛びつき十字から三角・・・地獄のフルコース!

人気blogランキングへ斬り!
斬り!

ブログランキング・にほんブログ村へ←斬り!

| コメント (2) | トラックバック (0)

柔術の練習

カイヤがプロレスに参戦ですね。ただの挨拶です。

さて、今回は、久しぶりに柔術・柔道に関して書かせていただきます。

日々、柔術をどのような順序で練習していますか?

僕の練習しているところは、中国の田舎柔道クラブだし、初心者がほとんど。おまけに鄭コーチ(元中国国際チーム代表)は 毎週酒びたりで、スパーリングパートナーには適しておりません。


僕は、事前に、筋トレや激しいアップを行い、体に十分な負荷をかけてからスパーリングに臨みます。特に、初心者や練習期間の浅い人とスパーをするときは、事前に負荷をかけるだけでなく、自分の利き腕を帯に絡めて、自由をなくします。

たしか、ホイス・グレイシーもこの練習法を使ってましたね。

日本で柔術を週一ペースでかじって1年半ほどして「なんとなく柔術の動きができかけてきたな~」と思っていましたが、日本を、そして柔術を離れ1年余り、その感覚は次第に薄れていくばかり。

停滞、いや、退化が進んでいる気がします。とにかく、恵まれない環境の中で、できる限りの工夫をして練習していきたいと思います。

今日の拾い物
はやし柔術試合 ←アマチュア柔術試合



にほんブログ村 格闘技ブログへ←斬り!

人気blogランキングへ←斬り!

←斬り!

| コメント (3) | トラックバック (0)

PRIDE,HERO's,そして鬼太郎!

やはり、日本にいないと日本の話題に取り残されますね。

先週あたりは、「PRIDE」「HERO's」の格闘技番組で大盛り上がりだったと思います。こっちは、「Youtube」で試合を見るしかないのですが、それすらしてません。6月のPRIDEが開幕するまでには試合レビューと感想を書きたいと思っています。

で、そんな格闘技よりも気になったのが来春に公開される「鬼太郎」の実写版(画像つきです)です。画像を見ればわかりますが、実写版の鬼太郎、ビジュアル系です

一反もめんと目玉の親父はCGで、ネコ娘と砂かけ婆の配役はまだ決まっていないそうです。ネコ娘はともかく、砂かけ婆の配役を探すのは難しそうです。抜擢されたほうもうれしいのかどうかわかりませんが、大物女優を起用するのが難しいキャラだと思います。僕が思うに、砂かけ婆役は、浅見千代子さんが適役かと思います。

浅見千代子って誰?

「ダウンタウンのガキの使い」に登場する「キスおばさん」とか「腰振りおばさん」とか呼ばれているおばさんです。ノーメイクにカツラと砂かけの衣装を着せて、砂かけ婆の出来上がり!

僕も鬼太郎は大好きで、小学校低学年の頃、テレビ放映していたアニメ版鬼太郎をよく見ていました。友達と鬼太郎ごっこをやったり、学校の図書館にある子供向けの小説版?鬼太郎や、いとこから「ゲゲゲの鬼太郎(B5版ハードカバー)」の漫画を読み漁ったりしてました。

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」では、鬼太郎というヒーロー、夢子ちゃんというヒロイン、そして、戦闘場面で鬼太郎をがっちりフォローする鬼太郎一家が脇をかため、健全なヒーローアニメとして確立されていたと思います。

ところが、僕の読んだ鬼太郎の漫画本(本の題名は忘れましたが)では、アニメ版と違う鬼太郎たちが活躍していました。

僕の読んだ鬼太郎漫画は、鬼太郎一家が旅をしていて、その旅先で妖怪に苦しめられている人を救うという一話完結型のお話。毎回、話の最初のコマで「腹減った」とすきっ腹を抱えてさまよう鬼太郎一家「なんでもご馳走しますから」という村人の一言で妖怪退治でも何でも、命を懸けてやります

アニメ版では、頼りになるヒーロー鬼太郎が毛針やはじめちゃんちゃんこ、リモコン下駄を駆使し、力押しで悪い妖怪を毎週やっつけるという話がほとんどだったと思います。

漫画版では、そういった力押しはほとんどなく、相手の弱点を突いたり、罠を仕掛けて退治したり、あまり強くない妖怪に対し、いろんな変化球を使って倒すといった内容がほとんどでした。漫画版の鬼太郎は、アニメ版のように頭の回転が良くなく、すぐ敵に捕まったりします。また、毛針を無限に放つことができず、針切れになったりするところも、小学生の僕にとって、とても新鮮でした。

鬼太郎一家もまた、アニメ版とは全く違います。

敵にすぐ捕まり、目玉焼きにされて喰われても死なない目玉の親父

あまり石化しない子泣き爺

弱りきった悪者妖怪や子泣き爺に、すぐ「ビビビビ」とビンタをかますビンタ婆砂かけ婆

腹をすかしたぬりかべ

など、アニメ版では絶対見られない、生き生きとした脇役達が見れるのも漫画ならではの魅力です。

小学生の頃、「アニメより漫画の鬼太郎のほうがおもしろい!」と同級生に宣伝しましたが、だれも認めてはくれませんでした。

鬼太郎実写版どうなることやらわかりませんが、とにかく期待して待つことにしましょう。


おまけ

Youtubeで検索してたらこんなの見つけました。

PAULO FILHO in bjj technique

ブラジリアン柔術家は必見!

バルチック侍 by BlogPeople←斬り!

にほんブログ村 日記ブログへ←斬り

人気blogランキングへ斬り!

| コメント (0) | トラックバック (0)

続々・中国医療~たのむから本当の医者呼んでくれ!~

続き

煮えくり返るはらわたと痛む右足首を引きずり、その日は帰宅しました。

翌日、痛みは少し治まったものの、まったく歩くことはできません。

もう一度病院へ行くことにしましたが、外国人二人が行っても、まともに応対してくれないのは、昨日の一件ではっきりしました。(でも、外国人どうこうというより、中国の医者の多くは対応が悪いです)

そこで、今回は頼りになりそうな中国人の友人を同伴しようとしましたが、全員、外出中。GWでしたしね。

まずは、産婦人科に行き、放射線から守るものをかぶせて、局部撮影なら問題ないということを確認し、二人で整形外科病院へ向かいました。



昨日と同様、嫁さんをお姫様抱っこで院内を駆けずり回り、ようやく「骨科」へたどり着きました。車椅子を借りようとしましたが、受付のおばちゃんに「ない!」と一蹴されましたが、ないわけないので問い詰めたら、「レンタル料500元(日本円で7000円位)」だとのこと(うち300元はデポジット)。ほんの数分使わせてもらうだけですよ?

「人の弱みに付け込んで、ボッタくることしか考えてないのよ!」

と嫁さんが憤慨したため、借りずに診察室へ。




中国の診察室は、日本のように患者のプライバシーは全く保たれていません。診察中も他の患者がそばで様子をうかがい、平気で割り込みもします。診察室というよりも診察室兼待合室です

「プライバシー」と言う言葉自体、つい最近できた言葉らしいです。





アジア人男性と欧米人女性のカップル。しかも、お姫様抱っこで駈けずり回る姿はほかの患者の好奇心を刺激したらしく、次から次へと診察室になだれ込み、僕らをじろじろと見てきます。普段、町を歩いているだけで中国人たちの視線を集めているので、なれましたが、こう至近距離からじろじろ視姦されると落ち着きません。



順番がようやく回ってきて、診察開始。


医者は年季の入ったおばさんという雰囲気ですが、


この医者、やっぱり標準語が話せません。。。

標準語が話せなくても、聞き取ることはできます。昨日の顛末をひととおり話し、レントゲンについても聞いてみましたが、「わからない」とのこと。

中国人って「わからない」「知らない」っていえばなんでもすむと思っているから困ります。だって、この一言を言ってしまえば、あらゆる責任を負う必要は無いのですから!

わからないならレントゲン科に確認するようお願いしたら、しぶしぶ確認を取ってくれました。

ここまでのやりとりなんですが、方言しか話せないのであまり聞き取れませんでした。

野次馬どもは、僕と嫁さんが困っている姿を見てにたにた笑っているし、標準語に訳してくれるようお願いしましたが、誰も通訳してくれません。




この病院の連中は、みんな鬼ですか?

放射線から守るシーツはあるそうですが、短いので全身を覆うことは不可能とのこと。

「放射線浴びると胎児に悪影響がでるぞ~。それとも同意書にサインしてレントゲン撮影するか?フシュルルル・・・(笑)」

フシュルルル・・・はうそですが、笑顔でうれしそうに選択をさまる医者。誰がこんなのにサインするか!

この病院の連中は、(略)

しょうがないので、すごすごと帰宅しました。

帰宅後、ほかの大病院に電話で問い合わせましたが、たらいまわしにされるだけで、肝心の問題(放射線のこと)には答えてくれませんでした。

この日は薬を塗り、患部を冷やし、自宅療養をすることにしました。もし、連休中、痛みが引かず、まったく歩けない場合は骨折の可能性もあるので、中国人の知り合いを同伴し、ほかの大病院で診断することにきめました。

休暇が明けたころ、嫁さんの足首の痛みも少し和らぎ、歩くこともできるので骨折の疑いは晴れました。



ただの捻挫で済みましたが、本当にあせりましたよ。

中国人の方が

「中国人は好朋友(親友)のためならどんな事だってする」

ってよくいいますが、

裏を返せば「赤の他人には容赦しない」「赤の他人はどうでもいい」

と言うことなんですね。

こういう解釈でよろしいでしょうか?

おかげで、結婚式のダンスを練習することはできませんでしたが、腕力を鍛えることができました!

病院内の移動、その他路上での移動は全部お姫様抱っこでした!




これで橋7本はいけますね。

今回の事件で、橋10本以上は渡ったと思います。

過去にも、風邪や下痢で病院へ行ったことがありますが、どれも最悪の経験でした。

もし、反響がありましたら、また今度「中国医療」を書かせてもらいます。

バルチック侍 by BlogPeople←斬り!
←斬り!
人気blogランキングへ←斬り!
ブログランキング・にほんブログ村へ←斬り!

| コメント (5) | トラックバック (0)

続・中国医療~整形外科~

前回の続きです。

数日前の夜、道場での練習を終え、帰宅したときのことでした。家の中に入ると、書斎のほうから嫁さんの叫び声が聞こえてきたのであわてて駆けつけました。

一体何が・・・?

嫁さんにどうしたのか聞いても泣いているだけで、まともに答えてくれません。で、よく見たら右足のくるぶしがおもいっきり腫れ上がっています。

すぐさま、冷却シップを貼って、ベッドに寝かせ足を自分の心臓より高いところに上げさせました。

どうやら、いすから立ち上がるときに、足が痺れていたため、力が入らず、右足首をかなりの急角度で曲げてしまったとのこと。

応急処置はしましたが、嫁さんの痛がりようと腫れ具合は尋常ではなく、骨折の疑いもあったので、すぐにタクシーを呼び整形外科病院へ向かいました。

医者に症状を説明し、「とりあえずレントゲン撮影をしよう」ということに。でも、うちの嫁さん現在妊娠4ヶ月です。

普通にレントゲン撮影などしたら胎児に影響が出るかもしれません。

そのことを伝えたら、



「え~!?面倒くせえ~!」



医者が吐くセリフとは思えないようなセリフを吐かれ、僕らを凍りつかせましたが、こんなとこでビビッては、この国で生きていけません

なんせ、ここは中国なのですから!

僕は「放射線から守る布みたいなのを体にかけて、足首を局部撮影するよう」提案したのですが、のらりくらりとしゃべるだけで、レントゲン科にまったく問い合わせてくれません。

医者の反応を見れば、責任は負いたくない、面倒くさいことには関わりたくないという態度が明らかです。何度も強い口調で、レントゲン科に問い合わせるよう迫ったら、ようやく重い腰を上げ聞いてくれました。

聞いてもらいましたが、妊婦への撮影は前例がないので保障ができないとの事。

放射線など浴びたら胎児に影響が出るかもしれないし、かといってただの捻挫なのか骨折なのかわからないまま放置もできない・・・。

嫁さんと話し合った結果、産婦人科の主治医の意見を聞いてから決めることにし、その日はとりあえず帰宅することにしました。





「そのほうがいい、私は整形外科医ではないから」




今なんと?

「私の専門は内科だ」

ここ整形外科専門病院ですよ?

どうやら、当直の医者のようで、他の病院から引っ張られてきた雇われ医者のよう。

「私は専門外だから、明日またでなおしてきな」




この医者、やっと一理あることを言ってくれました。こっちだって、専門外の医者なんぞに診てもらいたくありません。

この不毛なやり取りの間、嫁さんの足は膨れ上がり、僕の怒りのボルテージは上がりました。

とりあえず、塗り薬か湿布薬を貼って、包帯で固定してもらうようお願いしましたが、看護婦が一言。



「そんなものはねえ!」



「だってここは整形外科病・・・」



「ねえ!」

ぐへえ。

ああ・・・。この馬鹿どもにつける薬を処方してやりたい・・・。 (無いだろうけど)

というわけで、またまたつづく!

バルチック侍 by BlogPeople

人気blogランキングへ←斬り!

ブログランキング・にほんブログ村へ←斬り!

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国医療~ロシア式結婚式~

さっき書いた記事が全部消えた(挨拶)!

ココログ、記事投稿画面が終わったと思ったらエラーになって記事が全部消・・・

さて、書き直します。

5日前から、ダンスを習っています。といっても嫁さんからですが。

いつになるかわかりませんが、今年中には結婚式を嫁さんの国で挙げたいと思っています。日本の結婚式とロシア式の結婚式はだいぶ違います。日本式ですと、来賓が恥ずかしい昔話をして、食事して、披露宴ですが、1日で終わりです。ロシア式は、2,3日かけてやるそうです。

内容は、歌を歌ったり、来賓が新郎に対しいろいろな質問をしたり、ダンスをしたり、花嫁をお姫様抱っこで橋を7本渡ったり

歌や質問は何とかごまかせると思いますが、ダンスと抱っこして橋を渡るのは苦戦を強いられそうです。

・盆踊りがやっとできる程度なのに、ダンスなんて・・・。

・柔術で体を鍛えているとはいえ、腕力は並みの人間の域を出ていません。

ダンスは練習あるのみです。橋7本はきつそうです。どうにか鍛えて、できるようにしたいですが、橋の長さがわからないのでいかんせん厳しそうです

冒頭で「5日前から、ダンスを習っています」と書きましたが、正確には「5日前に1度習っただけ」です。3日前に嫁さんの身にちょっとした事が起こって練習できていません。

「今日のタイトルなんかおかしいな?」とお思いの方が多いと思います。

そう、ここまでが「中国医療」の導入部です(長い)。

管理人、ちょっと中国の白状ヤブ医者達に対して(ココログにも)憤慨していて、文章が非常に読みづらくなってます(いつものことといわないで)。ご了承ください。

と言うわけで、つづく!

人気blogランキングへ←斬り!

ブログランキング・にほんブログ村へ←斬り!

| コメント (4) | トラックバック (0)

アクセスアップ!しない・・・

ブログってなかなか厳しいですよね。

管理人のJHANです。

ブログの更新を3、4日サボっただけでアクセス数がこうも急激に減るとは。

先週は300アクセスでしたが、今週はまだ70いってません。今日の閲覧者はたったの6人です。

先週はこまめに更新し、トラックバックを送らせていただいたのでアクセス数が上がったのは承知していましたが、「このままほっといても上がるのかな」なんて思ったりもしていました。

ろうそくの炎は消える寸前が一番大きいといいますしね。

GW中は、旅行には行かなかったのですが、いろいろ忙しく、アパートが停電したり、中国電信のネット回線がイカレたりして全然更新できなかったです。

ブログってただ書いてるだけでも駄目なようで、アクセスランキングやサーチエンジン対策しないとアクセス数増加は見込めないみたいですね。時間のあるときにちょっと勉強してみます。

| コメント (1) | トラックバック (0)

素人寝技

中国・バックパッカー旅行を書いたものの、やはり旅に対するモチベーションはさほど上がりませんでした・・・。

旅云々というよりも、もうすっかりGWに突入してますしね


先日、道場に行ってきました。
練習初めて2ヶ月くらいの初心者とのスパーリングって結構やりづらくありませんか?まあ、僕自身の柔術レベルが低いということもありますが・・・。

柔術の動きが身についていない人の動きはとても予測しづらいです。僕が下から関節技や絞め技を狙っても、自分から転がって下になったり・・・と、意外な形で極めから逃げられてます・・・。
彼らが数ヶ月くらい練習すると、柔道なり柔術なりの寝技になってきます。そうなると、こちらも極めやすくなります。

素人とのスパーリングは、なかなか学ぶことが多いと思います。柔術や柔道の試合で勝つことも大事ですが、武道はもともと護身術。素人と喧嘩で取っ組み合いになったらどのような攻撃を仕掛けてくるかわかりません。柔術や柔道、その他の格闘技のスパーリングを行う際、なるべく初心者の方とスパーリングを行うことで、素人の闘い方がつかめるかもしれません。当然、個人差もあると思いますが・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »