« PRIDE武士道其の拾 続き | トップページ | エビ柔術・・・・ »

小学中国語

ちょっとは中国語がんばってみるか!

駐在したばかりの頃は、字幕のあるテレビを見て、わからない単語を調べたり、新聞を読んだりしていましたが、ここ数ヶ月すっかりサボってます。このままではまずいと思って、手を出したのが『小学生卒業 文法』。小学1~6年生までの文法がぎっちり詰まった問題集なのですが、回答どころか、問題の意味すら読解できない有様・・・

ちょっとショックでしたが、むしろ、危機感が持ててやる気が出てきました。こんな小学生の問題もできないようでは、HSK(漢語水平考試)云々などといってられませんな。

中国に留学中もしくは駐在中の方で、効果的な学習方法、伸び悩みの脱出方法ご存知の方いませんかね?(超他力本願)
とりあえず、しばらくはこの『小学生卒業 文法』をかじってみることにします。

以前読んだ本で、千野栄一著『外国語上達法』(岩波新書)という本があります。ロシア語専攻の著者ですが、なかなか面白いことが書いてありました。

・とにかく単語を覚えまくること
・外国語がある程度のレベルになるまで平均900時間必要

と、ここまでは普通(?)なのですが、これらの他にユニークな学習法があったので紹介します。以下抜粋。

トロイアの遺跡を発見したシュリーマンは、語学の達人として知られていた。彼の学習法は独特のものであった。彼は新しい外国語の学習を始める前に、町で暇そうにしている老人を一人見つけ、週に一度自分の家に来てくれるように頼み、高額の謝礼を払うのである。シュリーマンはどんなに忙しくとも、老人がやって来ると仕事を中断し、ただ座っているだけの老人を前に、学習を始めた言語を復唱し暗記したという。シュリーマンは、外国語の習得には、それを続けざるを得ない環境に自分を追い込むことが必要不可欠だと心得ていたのである。けだし卓見である(中略)

確かに、高額な謝礼を払った上に、見ず知らずの人がそばにいたら、何か話さざるおえない気がします・・・。僕も町で暇そうにしている人を見つけて、この学習法を試してみようかな・・・?

実験台になりたい方、
この方法で勉強しようとお考えの方はいませんか?


« PRIDE武士道其の拾 続き | トップページ | エビ柔術・・・・ »

コメント

トラックバックありがとうございます。柔術に興味を持っているんですか? 柔術とは、柔道のような武術なんですかね。太極拳とはチョット違う(?)。

投稿: モンリー | 2006年4月16日 (日) 16時50分

柔術(ブラジリアン柔術)は寝技が主体の格闘技です。柔道のような投げ技もあります。
寝技になっても、待てのかからない柔道って感じです。

投稿: JHAN | 2006年4月18日 (火) 01時02分

はじめまして、T.Fujimotoです。
シュリーマンの方法は、なるほどすごいですが、どうせ高額の謝礼を払うなら、その言葉を母国語とする人でも見つけてきたほうがもっといいじゃないでしょうか?

僕は残念ながら(?)、生まれてから18年間台湾に住んでいたので、中国語は勝手に身につけ、効果的な学習方法は却ってわからなくなってしまいましたが、きっと、中国語をしゃべる友達を作って、どんどん使っていくのがよいではないでしょうか?
特に趣味が合う人がいれば、なお都合がよいでしょうね。平凡な方法ですみませんが。

ちなみに僕がよく出入りしている、台湾人が作っている格闘技のホームページを紹介します。PRIDEとK-1の話題がメインです。台湾なので、繁体字になってしまいますが、文法とか共通なので、慣れれば特に問題ないと思います。
http://www.graciehunter.netfirms.com/

投稿: T.Fujimoto | 2006年10月 6日 (金) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56775/1408141

この記事へのトラックバック一覧です: 小学中国語:

« PRIDE武士道其の拾 続き | トップページ | エビ柔術・・・・ »